お客様の声 FEEDBACK

int_bia_S.jpg

Rainbow Wedding!!

bianca&ドS様 (July 31, 2009)

レインボーフラッグが街中にはためいたプライドまっただ中のバンクーバーで、その名の通りRainbow Wedding!を挙げられたbianca&ドSカップル様☆街全体がお二人のご結婚をお祝いしているようでした!直前インタビューと合わせてお楽しみ下さい☆

直前の気持ち

「10周年記念の年」 bianca 様

まさか自分が教会で結婚式を挙げる日が来るとは…。なんだか不思議でちょっと可笑しくて、そしてやはりうれしいです。

つきあって10周年記念の年は、何か思い出に残ることをしたいね、と数年前から2人で話していました。そして10周年の今年。

やはり海外旅行?→せっかくなら海外の大規模なプライドパレードを見たいよね?→これはフルムーン旅行?

色々と思いあぐねるそんな折、友人のブログ「ともしらが」でHappy Day Weddingsを発見。親睦会に参加させてもらって、直接あきさんこんさんとお会いし、このお2人なら親身になってくれる!と直感。

最初は「えー結婚式なんてこっ恥ずかしい!」と言っていた彼女も、今では何着よう?と意外にもノリノリです(多分)。私としてはウエディングドレス同士が希望でしたが、それは断固拒否されたので私だけウエディングドレス、さて彼女は?

それはさておき、何よりうれしいのは、今回は来れないけれど大好きな母が喜んでくれたことです。そして、ウェディングドレスをプレゼントしてくださった上司をはじめ、カナダで泊めてくれるビアンカップルや、日本でも披露宴しよう!と準備をしてくれたり、お祝いの言葉をくれる友人たちに本当に感謝、感激です。

周りのありがたさを噛み締めています。

そして、the L wordの撮影でも使われたという教会に足を踏み入れるのも、ミーハーながら楽しみです。当日、挙式直前のシェーン(the L word)のように彼女が消えませんように…


「決めました!」 ドS 様

覚悟を決めました!

お二人のお名前(HN)を、お聞かせ下さい。

bianca
ドS

年齢をお聞きしてもいいですか?

bianca 永遠の30才+3
ドS 34才

お付き合いされてどのくらいですか?記念日はありますか?

ちょうど10年。
10月10日(ダイクの日)が二人が出会った記念日です。

カナダでの同性婚へ踏み切られたお気持ちについてお聞かせ下さい。

10周年記念に何か面白いことをしたいという軽い気持ちからでした。

東京のHDW懇親会で、実際にあきさんとこんさんにお会いして、同性婚への気持ちがガッチリ固まりました!このお2人になら身も心も安心して委ねられると。

そしてなんだかとても楽しいことになりそうだと直感しました。また、カナダに住む友人カップルからあきさんこんさんの素敵な人柄を予め聞かせてもらっていたことと、2人が結婚式を応援してくれたことも大きかったです。

そしてバンクーバーPRIDE PARADEも一緒に楽しめる盛り沢山の同性婚旅行には、もう行くしかない!と踏み切りました。

挙式を終え、改まったお気持ち等ございますか?

bianca:
相手を想う気持ちも2人の関係も、挙式以前と全く変わりませんが、周りの私たちへの見方が“婦婦(ふうふ)”として変化したように感じます。

カナダの挙式があったからこそ、「日本でも披露宴をしよう!」と友人たちが企画してくれ、母や上司を呼んだパーティを行うことができたと感謝しています。

ドS:
家族や友人にカムアウトするきっかけになり、それまでより打ち解けた人間関係が築けるようになりました。

一番ロマンティックな瞬間もしくは、心に残った瞬間はいつでしたか?

bianca:
荘厳な教会の中、神父の前で2人手を取って向かい合い、お互いが用意した誓いの言葉をひとりずつ語り合った時。この10年で約3度目のドSの涙を見て感激しました。

ドS:
教会でウェディングドレスを着たbiancaを見たとき。今までで一番素敵なコスプレだった。

お写真撮影はどんなお気持ちでしたか?

bianca:
上司がプレゼントしてくださった花嫁コスプレ衣装を身に着け、友人の手作り靴を履いた瞬間、感動が押し寄せました。プロに撮ってもらう機会なんてそう無いので、馬子にも衣装で楽しみました。日本の友人がその写真を使って編集してくれたVTRは、お墓に一緒に埋めてもらう予定です。

ドS:
羞恥プレイだと思いました。

未来のHDWを訪れて頂けますカップルの皆様に、メッセージやアドバイス等がありましたら、お願い致します。

結婚式なんて恥ずかしい!と思っているカップルこそ挙げてみて欲しいです。異国の地で2人きりになったら恥ずかしいことなど何もありません。
そこには2人の愛だけがあり、そしてあきさん、こんさんのガッチリサポートに包まれ、最高の思い出になることでしょう。

その他コメント、メッセージがございましたら、お願い致します。

あきさん、こんさん、一生の宝物をありがとうございます。これからも幸せなQueerカップルをたくさん世に送り出してください。

お客様情報

Name : bianca&ドS

Website : 女女苑

http://jyojyoen.seesaa.net/

Happy Day Weddingsよりメッセージ

bianca様、ドS様、お二人のご結婚、心よりお祝い申し上げます。そして、インタビューにご協力下さいまして、本当にありがとうございました。

10周年の大きな記念になったRainbow Weddingに、ご友人やご家族のあたたかい心が沢山つまった披露宴、一生の宝物となり、本当によかったですね☆

挙式が、カムアウトのきっかけになったり、周りのお二人への認識が変わったりといろんなきっかけになる事に私達も驚かされます。人生が大きく変わって行く節目になる事も多々あるのですね〜。

10年で約3度目だというドSさまの涙はもちろん、緊張に震えたbiancaさまのご様子も忘れられません。真摯な気持ちで向き合い、しっかりと握られた手はずっとそのままで、これからのお二人一緒の旅を心から応援しています。

お二人のご結婚、本当におめでとうございます!!

お客様の写真を集めたスペシャルアルバムができました★
@akihdw からのツイート