お客様の声 FEEDBACK

main_ippiki_pan.jpg

お天道様のもとで誓いたい!

Ippiki & Pan様 (May 5, 2014)

背筋がすっと伸びた凛とした印象のお二人、挙式では柔らかくあたたかな笑顔が沢山みられました。Ippiki様の前向きなポジティブさと行動力にひっぱられながら、願いを叶える事を追いかけたPan様、挙式を経験されたお二人の今をお聞かせくださいます♡直前インタビューと合わせてお楽しみください!

直前の気持ち

「願いは叶う」 Pan様

IppikiからHappy Day Weddingsのことを聞いたのは、つきあってすぐの頃だったと思います。結婚式したい人だったんだ、意外と感じたのを覚えています。私には、形にこだわらなくても、でもまぁドレスは着たいかな…ぐらいのイメージしかありませんでした。

私たちにとっての結婚って、結婚式って何だろう、という話をしたとき、Ippikiの「一生一緒に生きていくことを堂々とおてんとさまの下で誓うこと!」という言葉がすんなり入ってきました。ありのままに受け止めてくれるところがある、そこに行きたい!と。

式の準備の中で、友人にカミングアウトしたり、ドレスやブーケなど華やかな世界にうっとりしたり、勇気がなく結婚指輪を別々に買いに行ったりetc.いろいろありましたが、Ippikiの行動力にひっぱられながら、願いは叶う、叶えるもの、ということを体感する素敵な時間でした。

一緒に暮らして、毎日一緒にごはんを食べているのに、ふと「幸せだね。ずっと一緒にいたいね」とウルウルする泣き虫の私たち(笑)、式ではどうなることやら…その瞬間を晴れ姿のIppikiと存分に味わいたいと思います。

あきさんたちとやっとお会いできることを楽しみにしています!

「ずっといっしょ」 Ippiki様

あと一か月でPanのウェディングドレス姿を見ることができる!
カナダの、太陽のもとで、挙式をあげることができる!
もう、ワクワク、ドキドキ、絶対泣いちゃう。
でも、現実は・・・バタバタ、あれもしなきゃ、これもしてない、どうしよう!!

Panと出会って、4年目の春を迎えます。
1年目は青白いPanの顔色に驚愕し・・・(これを言うと怒りますが)
2年目は猛烈アタックと玉砕の日々・・・(でもあきらめない!)
そして、3年目は二人にとって初めての海外旅行inカナダ☆

私にとってのカナダ旅行(バンクーバー)は、半ば結婚式の下見でした。気持ちよくすごせるのかな、Panは喜んでくれるかな、ここで生活することできるかな・・・

実際にすごしてみると、「帰りたくない!」というくらい、のびのびとすごせました。どこにいても、二人なら、幸せ。二人なら無敵。なんだって出来る☆Panと一緒に一生涯、生きていくことを誓う日が、本当に待ち遠しいです。

それまで、サポートどうぞよろしくお願いいたします!

お二人のお名前(HN)を、お聞かせ下さい。

PanとIppikiです!

年齢をお聞きしてもいいですか?

2人ともアラフォーです☆

お付き合いされてどのくらいですか?記念日はありますか?

もうすぐ2年になります。記念日は、お付き合いをはじめた9月14日、Ippikiがプロポーズした10月2日、そして、結婚した5月5日です。

カナダでの同性婚へ踏み切られたお気持ちについてお聞かせ下さい。

Pan:Ippikiから教えてもらって、「へぇーいいな」という感じで乗っかりました(笑)

Ippiki:Panと一緒に生きていくことを、私たちの存在を認めてくれるカナダで、お天道様のもとで誓いたいと思いました。彼女しかいない!とも思いました。もともとプロポーズした時点で、カナダでの挙式も考えていたので、前年のPanとのカナダ旅行は挙式の下見でもありました。行ってみると、本当に気持ち良く、自然体ですごすことができたので、絶対に来年はここで挙式をあげたい!と思いました。

挙式を終え、改まったお気持ち等ございますか?

Pan:将来にわたってお互いを大切に、笑いあって生きていくために、今何をすればよいか、何がしたいか、をより考えるようになりました。楽しそうにしているIppikiの隣で、私も生き生きして、2人で一緒にキラキラしたいな、これからだな、と気持ちを新たにしました。

Ippiki:2人で一生、一緒に生きていく、というのはもちろんですが、同性婚、同性カップルというキーワードに敏感になりました。私自身も積極的に知りたいという思いがあって、研究会へも参加しています。2人で何ができるか、私たちのプランはもう決まっているんですが・・・後は自信を持って実行にうつすだけだな、と思っています。その後押しが今回の挙式だったと思うので、自分たちがしたいことを躊躇わずに行動にうつしていきたいな、と思います。私はPanの一番の応援者でもあり、理解者でもありたいと思いました。

一番ロマンティックな瞬間もしくは、心に残った瞬間はいつでしたか?

Pan:ドレスの試着、式のリハーサルでこみあげる涙をぬぐうIppikiの姿。来てよかった、と思う瞬間でした。挙式後の天気予報を裏切っての青空。願いは叶う、さすがIppiki!と思いました。

Ippiki:はい、私は連日の雨にもかかわらず、絶対に当日は晴れる!と確信していました♪ロマンティックな瞬間ですか・・・毎回、Panの顔をみる度にうっとりしていました(笑)でも、一番は式で手紙を読み上げてくれている、必死な表情にぐっときました。スタンリーパークでの撮影中のPanのドレス姿が本当に素敵だなあと見惚れていました。

お写真撮影はどんなお気持ちでしたか?

Pan:もともと撮られるのが苦手なので、とても照れくさかったです…でも、2人でドレスを着ている非日常感とここは外国だ!という開放感、チームHDWのあたたかい雰囲気が背中を押してくれ、できあがった写真は、思った以上に自然な笑顔でした。公園で撮影している時、男の子2人が手をつないで歩いていて、私たちを見て微笑み合っていました。日本でもこんな光景が当たり前になればいいのに!

Ippiki:ほんとうに、日本でも、こんな光景が当たり前になればいいのに!もっと、くっついて撮影出来たらよかったなあと今となっては後悔しています(苦笑)やっぱり、照れますね。でも、最高の気分でした!盛り上げてくれて、気持ち良く写真に撮られて、出来上がった写真を見ると、本当に自然な私たちの表情が写っていて・・・。一生の宝物になりました。

未来のHDWを訪れて頂けますカップルの皆様に、メッセージやアドバイス等がありましたら、お願い致します。

Pan:パートナーとして迎え入れてくれるカナダという国やあきさんたちとの出会い、そこにたどり着くまでの過程は、2人にとってかけがえのないものになると思います。HDWを通じて、幸せの輪でつながれたらうれしいです。

Ippiki:HDWで、自分たちが叶えたい第一歩を踏み出してみましょう!必ず、願いは叶います。叶えましょう!それを温かく、力強く、叶えてくださるのがHDWさんですから。安心して踏み出せますよ。願いは願わなければ叶いませんし、叶えようと行動に移さなければ叶いません。そして、それをサポートしてくださる方々の力なくしては、叶いません。お互いが信じあい、慈しみ合い、大切にしあうことを、カナダという国と、HDWさんのもとで誓いませんか?

その他コメント、メッセージがございましたら、お願い致します。

温かく支えてくださった人たちとの出会い、そして気づきに感謝します。
これからも、ずっとみんなが仲良く、暮らせますように。
HDWのさらなる発展を、かげながら応援しています☆
あきさん、こんさん、お豆ちゃん、ありがとう!

お客様情報

Name : Ippiki & Pan

Website : いっぴき姉さんの遠吠え☆

http://blog.livedoor.jp/ippiki55/

Happy Day Weddingsよりメッセージ

Ippiki様、Pan様、お二人のご結婚、心よりおめでとうございます!そして、インタビューにご協力下さいまして、本当にありがとうございました。

お二人はいつも背筋がすっと伸びて、凛と落ち着いた印象でしたが、馴れ初めを聞かせて頂いた時には、その情熱的な始まりに驚かされてしまいました。十人十色の馴れ初めがありますが、そんな始まりもあるのか〜!と心に残っています。お二人が出会われて本当によかったと。^^

お二人の挙式の持つ意味は「一生一緒に生きていくことを堂々とお天道さまの下で誓うこと!」でしたね。そして当日、お天道様はしっかりと見守ってくれましたね♡連日の雨降りに続き、天気予報は雨だったのに、教会の外でぴかぴかの晴天がお二人を迎えてくれました。本当に嬉しかったです。

夢を叶える事、強く信じる事、使う言葉に宿る魂のこと、などなど私あきには大変興味深い事柄をたくさんシェア頂いたお二人との時間が、とても楽しかったです。そして、空港で頂いた貴重なアドバイス、心に大切に刻んでいます。ありがとうございました。

Ippiki様のお答えの中にある、お二人の次のプランはもう決まっているというお言葉が気になります!何なんでしょうか、わくわくですね〜。ふふふ。お二人の次の夢が叶いますように♡きっと叶えられますね。そして、幸せな近況報告をいつでもお待ちしております。

Ippiki様、Pan様、改めましてお二人のご結婚、心からお祝い申し上げます!これからもお天道様がお二人を見守ってくれています。その光を一身に受けて、お二人ともに歩まれる人生の道に、笑顔の花がたくさん咲きますよう祈っています。

お客様の写真を集めたスペシャルアルバムができました★
@akihdw からのツイート